ホーム » wp_sv_5048_56378 の投稿

作者アーカイブ: wp_sv_5048_56378

育児休暇中に知った悲劇!育児給付金が出ないという現実を直視できず

いま育児休暇中なのですが、「もうすぐ初回の育児給付金が支給される時期かな」とまだかなまだかなぁと首を長くして待っていました。そんな事を思っていたある日、勤めている会社から電話がかかってきました。

私は育児給付金が何日頃に支給されるという電話だと思い、心弾ませながら電話をとりました。しかし担当の方から伝えられたのは育児給付金が出ないということでした。

想像もしてなかったことだったのでしばらく言葉がでませんでした。詳細は省きますが色々な理由が重なって今回育児給付金が出ないことがわかりました。お恥ずかしいのですがこの育児給付金をあてにしていたためこの知らせを聞いた夜はご飯も食べれず頭痛がしました。私にも少しは否はありますが育児給付金が支給されるための条件を作成した方に怒りを覚えました。

すごく腹立たしいです。娘を早くに保育園へ入れて働かなければいけないと思うと本当に悲しいです。今年始まったばかりなのに腹立たしいことと悲しいことダブルパンチで精神的にきました。

私が今悩んでいるのは坐骨神経痛です。21歳のとき妊娠し、初期の頃は症状はなかったのですが、お腹が大きくなるにつれ徐々に痛みが出てきました。

その時はまだ仕事をしており、立ち仕事で頻繁に動き回る作業が多かった為、安静にすることができずにすこし痛みがあってもこのくらいと思い仕事をしていました。
その事が更に症状を悪化させたのか、腰からお尻あたりにかけ強い痛みがあり、寝てる時や起き上がる時、ひどい時には何もせず座っているだけでも痛みがあるのでとても苦痛です。

日常生活で困る事は、症状がずっと続いているという訳ではないのですが、前日に激しい運動や無理な体勢をとったときに急に痛みがきます。

一度痛みがでるとすぐには治らず1週間程痛みがあるので日常生活をスムーズに行うことができず大変困っています。
また小さな娘を育てている為、痛みがあろうがなかろうが娘が泣いてるときは、抱っこをしなければなりません。徐々に大きくなっていく娘を痛みがあるなか抱っこするのは本当に苦痛です。
この症状さえなければと何度も思っております。

小さな娘がいるため頻繁に整形外科へ行くことはできず何か少しでも症状が軽減できるもの・対策はないかなと調べたところ、腰を固定しなるべく動くことが良いと書いてあったので、口コミの良かった痛散湯という商品を購入しました。

この商品の良い所は効果が認められた医薬品だということ。骨盤を締め姿勢をただしてくれます。姿勢をただしてくれるので無意識に無理な姿勢をしなくなりました。また、腰も固定され動きやすくなりました。

痛みもこのガードルをつけてる時とつけてない時では違いがあり、効果があったので良い商品を見つけたと思いました。

大好きだった祖父との思い出~悲しみにくれた最期の時

今年に入って最も笑ったことと言われると、お腹を抱えて笑うことがここ何年もない気がします。最も悲しかったことは、祖父がなくなったことです。祖父母に育ててもらったため、家族がいなくなってしまったっていう悲しみが強かったです。

祖父母共に連れ添うように半年の間に2人を失って、もう、良いことはないのではないかとまで思ってしまいました。年齢的に長生きはしてくれたのですが、思った以上に早い別れで、なにもしてあげられなかった悔しさがあります。祖父は、寝たきり生活を余儀なくされ、祖母が生きてる頃は家で看ていました。私も帰省の度に、長期休暇を取得し、介護のお手伝いをしていました。

祖母が亡くなってからは、施設に入ることになり、申し訳ない思いでした。私が嫁に行ってなければ引き取って家で介護できたのにとか、近くいれば家で看れたのにと後悔ばかりです。しかし、祖父の遺影をみるとにこやかな表情をしていて、そんなに後悔しなくてもいいのかなと最近は思えるようになってきました。ここ何年と父、祖父母を失い、母は大病を患いといいことがない年が続いてますが、来年は笑って過ごせるといいなと思っています。

私が現在悩んでいるのは、眼精疲労です。社会人になり、仕事柄パソコンを使うことが多く、その頃より眼精疲労による症状出始めました。とくに頭痛がひどく、月に何度かは、鎮痛剤を飲みながら仕事をしています。また、薬が効かないこともありそのときには吐いてしまうほどです。
特に、生理前や排卵日前はホルモンバランスの影響なのか、眼精疲労の症状がひどくなることが多いです。また、目がすぐに充血したり、ドライアイもひどくなってきていました。

日常生活で困る事は、仕事です。眼精疲労からくる症状で頭痛や肩こりで鎮痛剤も効かないし、仕事も休めないとなると仕事しててもなかなか、うまくいかなかったりします。

私の仕事は、夜勤もあり体力勝負なところもあるため、仕事中に症状がひどくなると仕事にならないことはもちろん、体力を消耗してしまうのです。そうなると、職場の同僚に迷惑をかけてしまい、本来、自分がやらないといけない仕事を同僚が負担してくれたりと気を遣わせてしまいます。

眼精疲労を軽減するための対策として、目薬を行うようにしました。また、肩こりから頭痛や眼精疲労を起こしている可能性も考え、ストレッチやホットヨガをはじめました。そして、元々コンタクトレンズを使用しているのですが、あまりに目が疲れているときは、眼鏡に切り替えるようにしました。こうした方法は、頭痛 サプリの口コミで知ることが出来ました。
効果としては、まずコンタクトレンズから眼鏡にして、疲れたら眼鏡を外し目薬を差し休ませるとだいぶ楽になりました。次に、ストレッチやホットヨガに通うようになってからは、肩こりや頭痛に悩まされることもなくなりました。

シングルマザーの眼精疲労にリョウシンJV錠が抜群に効いた

最近、熱海に旅行に行きました。
以前からどうしても行ってみたかった、熱海秘宝館にやっと行くことができました。
ご存知の方も多いと思いますが、18歳未満は入れない性に関する人形達が出迎えてくれる場所です。
日本ではもう熱海しかないそうです。
久しぶりに大笑いしました。
具体的に表現するのは難しいのですが、ここまで見せて良いのか?というくらいの映像や人形が沢山ありました。
個人的には熱海で有名な貫一お宮の人形がオススメです。
人形を動かすボタンは乳首でした。


周りは、カップルと男性グループが多かったです。
中国人観光客もいました。
どうしても性に関しては、恥ずかしく受け止めがちですが、時代も変わってきたのでしょうか。
みなさん楽しそうに見学していました。
まだ40代ですが、死ぬまでにやりたいことのトップ10に入っていた秘宝館。
いつ閉館してしまうかわかりません。
やっと行けた喜びもあり、楽しい旅行になりました。
笑いは人を元気にしてくれますね。

今私が悩んでいるのは眼精疲労からくる頭痛です。
30歳頃から側頭部から後頭部にかけての痛みがあります。
ひどくなると、眼精疲労による頭痛だけでなく嘔吐するようになり市販薬の頭痛薬が飲めなくなってしまいます。
頭痛を引き起こすきっかけは、おそらく眼精疲労や精神的なストレスだと思いますが、いつ症状が現れるか不安な毎日を過ごす日が続きます。
嘔吐が止まらなくなると、病院で点滴を使って痛みを抑えるしかないので、夜間などは救急外来に頼るしかなくなります。

私が日常生活で困ることは、症状がでるかわからない為
買い物に行く時でも、友人と食事に行く時でも痛み止めを手放せないことです。
家事もできなくなるので、シングルマザーとしては頼れる人もおらず、家の中は散らかし放題、洗濯や食事など満足にできないことがあります。
頭痛のため、なかなか集中して仕事に取り込めず、作業効率が下がるのも困っています。
もしものために、体が動く時にできることをやってしまおうとする事も、余計に負担をかけてしまうのかもしれません。

私の場合は偏頭痛と、筋緊張性頭痛とが合わさっているそうです。
対策としては毎日ストレッチを行い、首回りや肩を重点的にやります。
入浴で温まる事も効果があると言われ、半身浴は夏場でも続けています。

サプリメントは飲んでいませんが、病院の先生からリョウシンJV錠という医薬品を紹介されてから、頭痛の頻度は確実に減っており、救急外来でお世話になることもなくなっています。
さすがに医薬品の力はすごいなという事で、リョウシンJV錠にはお世話になりっぱなしで、最近はまとめ買いのコースに切り替えて、まとめて三箱のリョウシンJV錠を購入してしまいました。
しかしそれでも、リョウシンJV錠の賞味期限は長いので、全然余裕があるなと思っています。
普段、どうしても忙しくなりがちですが、できるだけゆっくりできる時間を見つけ、ストレスのたまらない生活を送っています。

大好きな愛犬

今年の5月の下旬に私が子供の頃からそばにいた、大切で大好きな愛犬が亡くなってしまいました。家族であり、1番の親友だったので本当毎日辛く悲しく寂しいです。

 

最後を看取ることができず、1人病院で旅立たせてしまい本当後悔だらけです。なんであの時といろいろ自分を責めたり、涙が止まらず、家族みんなが辛く初めて両親の涙を見ました。
ストレスで毛先から白髪になったり、円形脱毛症、胃痛、動悸、食欲がなくなり、ダイエットでまったく落ちなかった体重が2週間で5kgも落ちてしまい、心身ともに疲労で倒れてしまいました。
一緒に泣いてくれた親戚や友達、私を支えてくれた大切な人もでき、改めて人の優しさ、暖かさを感じることができました。

 
愛犬が天国で幸せに楽しく友達と元気に遊んでいて待っててほしいなと思います。人間の命は長くて少し1人で寂しくさせちゃうけれど、向こうに私が行った際はたくさん遊んであげたいです。
彼女のぶんも頑張って幸せになって後悔しない人生を送ろうと思いました。

私が今悩んでいるのは、眼精疲労です。
26歳の頃から、眼精疲労の症状に悩むようになりました。昔から視力が悪く日頃からコンタクトやメガネを使用しています。スマートフォンの使用や、仕事もデスクワーク作業で、姿勢も悪い為、首のコリや、肩の痛みをはじめ、鼻筋や目や目の周辺の痛み、目のしょぼしょぼさや、ふらつきが頻繁に起こるようになりました。
仕事中は特にひどく、パソコンを使用する仕事なので転職しない限り続くのかと思うと嫌になってしまいます。

 

仕事後はしばらく横になって安静にしていないと、ご飯も食べれなくなってしまったり、熱と痛みで何も手をつけることができないので本当に困る。スマートフォンやパソコンもしばらく見ることができず、この症状が出ると、胸から上が全て熱を持って熱くなったり、あちこちがジンジンと痛くなったり、フラフラして、メガネやコンタクトもしているのですら気持ち悪くなったり、辛くなってしまい、その都度いちいち外して休憩を取らないと辛くなってしまいます。

 

パソコン作業やスマートフォンを長く見る作業の時は、何分が起きに休憩を挟んだり、目薬を入れたり、瞬きをするよう対策しています。

 

仕事後や症状が出た時はホットタオルで顔や首を温めた後にマッサージをしたり、血行を良くする為にストレッチをしています。その結果、眼精疲労からくる首コリや肩コリや、ふらつき、目や鼻などの痛み軽減する事ができました。日頃から有効成分の入ったリョウシンJV錠を摂るようにしたら効果を感じることができました。

 

さすが、テレビの通販番組でも特集されている、富山でも非常に売れているというリョウシンJV錠だと、感心させられました。これからも一年、二年と続けていきたいと感じています。

インクルージョンダイバーシティ

今年に入って最も嬉しく、心が踊る出来事としては「インクルージョン、ダイバーシティ」という言葉と出会ったことです。簡単に意味をいえば「ある括りを取っ払い、1つにまとめる」という意味です。これはある外資系企業が会社の理念として掲げており、セクシャルマイノリティー、国籍、障害者、性別、年齢という括りをすべて取っ払い、みんなで1つになって取り組もうという理念です。それを聞いて今年に入って1番心に衝撃が走りました。日本にはまだまだ人と違うことを個性として捉えることができていない人が多いです。このような言葉がもっと世の中に溢れるとすごく楽しそうだなと、1人その言葉にウキウキしてしまったのでした。
反対に悲しかったことは、小林麻央さんの死です。麻央さんは私と同い年なのですごく感慨深く、すごく尊敬できる部分がたくさんありました。子供を残してしまったことはすごく未練があるのではないかと感じます。それを考えると涙が止まりません。今年一番辛い、悲しい出来事です。

30歳の頃、リハビリの助手をしていた頃です。仕事柄バタバタと動く事が多かったです。その時、突然の膝に違和感を感じました。今まで関節痛などなかったの突然のことにびっくりしました。症状としては膝の内側にズキズキする痛みで、安静にしていれば痛みがなかったのですが、歩いたり方向転換した時に激痛がくるようになりました。特に長時間歩いたり、階段の上り下りなどの動作が1番痛く、痛みがひどい時は湿布を貼ったり、アイスノンで冷やしたりしていました。現在も時々痛みがあります。

膝関節痛を発症して、日常生活動作において困っていることは、立ち上がり動作、立ち座り動作が困難で、何回か痛くない関節の動きを行なって動作を行うようにしていました。またボコボコしている道路を歩くときや、階段の上り下りが困難です。特に不便さを感じたのは、子供がジャリ道を走り出して、危ないから手をつかもうと走り出すとジャリ道で膝が痛くなるということが良くあります。子供も危険に晒すことにもなりますし、自分の膝に関しても危険を感じてしまいます。

膝関節痛を軽減させるために私が使用していたのは病院からもらっていたロキソニンの湿布です。ロキソニンは錠剤のロキソニンと同じ成分のようで、急性の炎症を抑えてくれる消炎鎮痛効果があるみたいです。貼った感じは冷たさもなく、薄っぺらい。また24時間貼っても良いと書いてあり、こんなもので痛みが落ち着くのだろうかと感じていましたが、貼って1時間たったくらいでしょうか。不思議と痛みが落ち着いていました。痛みが出た時はこの湿布を重宝しております。
これ以外にも、サポートとしてネットで知ったリョウシンJV錠を使用しています。
リョウシンJV錠を口コミします!富山常備薬の関節痛サプリの効果
富山常備薬というキミエホワイトの会社の商品であるリョウシンJV錠の事は通販で知りましたが、こちらも確かに和らいでいる実感があります。
また今後膝関節痛に悩まされないよう対策としては、やはり体重の軽減と適度な運動だと聞きました。まだまだ長い人生なので、適切な対策をし、膝を守っていこうと思います。