ホーム » 2018

年別アーカイブ: 2018

育児休暇中に知った悲劇!育児給付金が出ないという現実を直視できず

いま育児休暇中なのですが、「もうすぐ初回の育児給付金が支給される時期かな」とまだかなまだかなぁと首を長くして待っていました。そんな事を思っていたある日、勤めている会社から電話がかかってきました。

私は育児給付金が何日頃に支給されるという電話だと思い、心弾ませながら電話をとりました。しかし担当の方から伝えられたのは育児給付金が出ないということでした。

想像もしてなかったことだったのでしばらく言葉がでませんでした。詳細は省きますが色々な理由が重なって今回育児給付金が出ないことがわかりました。お恥ずかしいのですがこの育児給付金をあてにしていたためこの知らせを聞いた夜はご飯も食べれず頭痛がしました。私にも少しは否はありますが育児給付金が支給されるための条件を作成した方に怒りを覚えました。

すごく腹立たしいです。娘を早くに保育園へ入れて働かなければいけないと思うと本当に悲しいです。今年始まったばかりなのに腹立たしいことと悲しいことダブルパンチで精神的にきました。

私が今悩んでいるのは坐骨神経痛です。21歳のとき妊娠し、初期の頃は症状はなかったのですが、お腹が大きくなるにつれ徐々に痛みが出てきました。

その時はまだ仕事をしており、立ち仕事で頻繁に動き回る作業が多かった為、安静にすることができずにすこし痛みがあってもこのくらいと思い仕事をしていました。
その事が更に症状を悪化させたのか、腰からお尻あたりにかけ強い痛みがあり、寝てる時や起き上がる時、ひどい時には何もせず座っているだけでも痛みがあるのでとても苦痛です。

日常生活で困る事は、症状がずっと続いているという訳ではないのですが、前日に激しい運動や無理な体勢をとったときに急に痛みがきます。

一度痛みがでるとすぐには治らず1週間程痛みがあるので日常生活をスムーズに行うことができず大変困っています。
また小さな娘を育てている為、痛みがあろうがなかろうが娘が泣いてるときは、抱っこをしなければなりません。徐々に大きくなっていく娘を痛みがあるなか抱っこするのは本当に苦痛です。
この症状さえなければと何度も思っております。

小さな娘がいるため頻繁に整形外科へ行くことはできず何か少しでも症状が軽減できるもの・対策はないかなと調べたところ、腰を固定しなるべく動くことが良いと書いてあったので、口コミの良かった痛散湯という商品を購入しました。

この商品の良い所は効果が認められた医薬品だということ。骨盤を締め姿勢をただしてくれます。姿勢をただしてくれるので無意識に無理な姿勢をしなくなりました。また、腰も固定され動きやすくなりました。

痛みもこのガードルをつけてる時とつけてない時では違いがあり、効果があったので良い商品を見つけたと思いました。